トップ > 会長のひとりごと

会長のひとりごと

「人間味」

私が尊敬する親友の「ケーキハウス ツマガリ」の津曲 孝さんは、人からしきを頼まれた際に、よく「人間味」と書かれます。
 その「人間味」とは、あたたかみのある人柄、人間らしい思いやり、人情味(人としてのやさしさ、人情の味わい)、人間としての豊かな情緒、こまめに気が付く人……等々のことで、まるで、津曲さんのお人柄のようです。
 明るい津曲さんとよく一緒に行動をしますが、同行中は、ずーっと笑いが絶えず楽しいものです。
 時々、津曲さんと村上隆二さん(ケーキハウス ツマガリ)、私の3人で上京して㈱イエローハット創業者、鍵山秀三郎さんから教えを受けています。
 その鍵山さんが、津曲さんの「人間味」あふれるお人柄に触れると、病気が原因で起こる体の痛みが取れると喜ばれています。本当に不思議なことです。


(フレッシュタニサケ2018年5月号より抜粋)

「情熱の行動は運を呼び込む」

弊社の「親孝行物語」の取組は、東日本ハウス㈱の中村 功社長が教えてくださったことがきっかけです。その中村社長とのエピソードです。
 創業後5年ほどして私は「人生の師」を求めて、この人だと思う様々な業界の人物を訪ね歩きました。本は平面的です。人からは立体的に学べるので行動を大切にしました。
 人を訪ねるときに肝心なのは情熱です。中村社長にお会いしたとき、面談の最後に滞在先を尋ねられたので、ホテル名を告げると「それでは、後で食事にそこまで行こう」とおっしゃってくださいました。
 中村社長は誰に対しても5分しか面談時間を取らないことで有名な方で、周囲の人には「どうやったんだ」と驚かれました。実はお会いする前に中村社長の著書などを読んで、感想や考えたことをしたためて、約2か月で40通ものハガキをお送りしていたのです。その情熱があったからこそ、超一流の人物である中村社長に会う機会を得て、学ぶことができたのです。まさに「情熱の行動は運を呼び込む」です。


(フレッシュタニサケ2018年4月号より抜粋)

「魅力ある人に」

 魅力ある人は、多くの人から「また会いたい」と言われます。そして魅力ある人には、明るく楽しい雰囲気が常に漂っていますので、周りの人たちをよい方向に感化させ、自らも成長をしていきます。
 人を引きつける「魅力ある人間への道」を記してみました。

①サービス精神旺盛
 いつも人に対して気配り、心配りがあり、これほどまでにしてくれるのかとサービスをして相手を喜ばせ、しかも自分は、そのことに喜びを感じている。
②陽性人間
 陽気な性格で、いつも上機嫌でいそいそと行動し、笑顔と大きな声で挨拶をして、常に「明るく、楽しい」を心掛ける。
③優しい人
 自己中心の生活ではなく、他者中心を心掛け、苦しんだり、困ったりしている人を助け、優しく元気づける。


(フレッシュタニサケ2018年3月号より抜粋)